後で修正:メモ: 出力

通常の情報出力は、twig形式

{{ entry.title }}

で、エントリーのタイトル※種類

 

{{ entry.heading }}

こっちが、いわゆる「各ページのタイトル」。

こっちをタイトルに据える方が、管理しやすそう

 

カスタムフィールドも、かなり柔軟。

site_info というグローバルセットに登録した site_name というカスタムフィールドを呼び出すには、

{{ site_info.site_name }}

これだけでいい。

 

カスタムフィールドユニットも使える。

{% for block in entry.customA %}
<section>
    <div id="aboutwrap">
		<div class="container">
			<div class="row">
                <h3>タイトル:{{ block.titleA }}</h3>
                <h3>テキスト:{{ block.textA }}</h3>
                <h3>ブロックタイプ:{{ block.typeA }}</h3>
            </div>
        </div>
    </div>
</section>
{% endfor %}

ここでは、

エントリー内で使っている customA というグループの中の、

titleA というタイトルを表示したりする。

 

そして、このユニットグループが連続する分だけ、表示できる。

うぅーん・・めっちゃ便利。

 

 

 

ページ上部へ