メニューを登録する

タグ:

main01

ブロックスCMSには、サロン用のメニューを登録する機能があります。

WordPressや、通常のMovable type、そしてJimdoなどでホームページを管理されている時に、メニューを登録しようとすると、1つのテキストエリアに複数のメニューを記入することになります。

よくあるメニュー管理ページ

スクリーンショット 2014-06-28 13.45.33まずはきっと、こんな感じで文字をいれますよね。

メニュータイトルは太文字にして、内容をその下に書いて行きます。

では、この横に、画像を入れてみましょう。

 

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2014-06-28 13.49.12

こんな感じで、メニューを管理していくのが、多くのパターンかと思います。

考えられるデメリット

  • レイアウトを、全てのページで統一することが難しい
  • 予約フォームなどを作る時、もう一度メニューを打ち直す必要がある
  • 追加する毎に管理が複雑になっていく

などが考えられるかと思います。

 

そこで、ブロックスCMSでは、「メニュー管理ブログ」という機能を追加しました。

メニューを管理するためだけのブログを作り、そこでメニューを登録していきます。

ブロックスCMSでのメニュー管理

まずは、ブログが「メニュー管理」になっていることを確認します。

スクリーンショット 2014-06-28 13.53.45

メニュージャンルを追加

まずは、メニューのジャンルを登録していきます。

スクリーンショット 2014-06-28 13.54.58

ジャンル名を設定して、「追加」をクリックすると、下にどんどんジャンルが追加されていきます。

スクリーンショット 2014-06-28 13.57.10

各項目、ジャンル名の横の「フォルダ名」を変更します。

スクリーンショット 2014-06-28 13.58.35

メニュージャンルが登録できたら、「変更を保存」をクリックして、完了です。

 

メニューの追加

次に、メニューそのものを登録していきます。

「メニュー > 新規」をクリックし、メニュー名を追加します。

スクリーンショット 2014-06-28 14.02.24

下にスクロールをすると、「キャッチコピー」や「具体的な内容」など、あらかじめ項目が決まっているものがあります。

こちらを埋めていきます。

スクリーンショット 2014-06-28 14.03.13

次に、「メニューの料金」と「施術の流れ」という項目があります。

スクリーンショット 2014-06-28 14.03.35

「追加する」をクリックすると、それぞれの項目を追加するためのフォームが表示されます。

メニューの数だけ追加していきます。

 

また、「施術の流れ」については、自動的に番号が割り振られます。

流れの数だけ、追加することが可能で、順番をドラッグ&ドロップで入れ替えることもできます。

 
スクリーンショット 2014-06-28 14.06.02

実際に、メニューを保存してみると、見た目が整って表示されます。

スクリーンショット 2014-06-28 14.06.59

 

また、データとして登録することによって、ご予約フォームへ自動的に挿入されます。

メニューを追加する度に、予約フォームも修正しなおすという手間が省けます。

 

メニューを3つ登録してみたところ

スクリーンショット 2014-06-28 14.14.21

 

ご予約フォームでの表示(自動的に追加されます)

スクリーンショット 2014-06-28 14.15.24

 

動画での解説も行っています。

ページ上部へ